« 2009年3月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

労働局ってそんなもん?

 わがタソガレ県某市にある、有名な工場が昨年末から今年春にかけて、業績悪化を理由に大量の派遣社員の雇い止めを行いました。最初にローカルニュースで聞いたけど、労連の相談センターにも相談が来てないようだし、みんな泣き寝入りなのかなと思っていたんですが、先月の執行委員会に主役が来てたんですよ、その雇い止めされた人たちが。

 慣れない口調で、語りだす彼女たちの話しにはびっくりしました。6年以上も働きながら、会社側は正社員雇用せず、解雇。あんまりだと、労働組合をつくり、労働局にも働きかけながらたたかっているのです。その工場は、5年間で7倍の利益を上げているらしい。どこが業績悪化なのか。また、その後の労働局の指導もヘナヘナで、それをいいことに会社は直接雇用をしないと。

 大企業の居直りにも腹が立つんだけど、だいたい、労働局―労働基準監督署ってなんのためにあるんでしょう。労働者が周囲との人間関係や人生設計をかなぐり捨ててまで振絞った訴えであるかもしれないのに、毒にも薬にもならない指導だの、勧告だの。企業はやり得なんでしょうか。それで人生が変わってしまう人がいることに、役人は心を寄せないのでしょうか?もしかして、ここに来ていない人からの訴えを何度か聞いているのではないか。そして、門前払いをしてるんじゃないか?

やっぱり必要なのは、労働組合なのです。彼女たちは、たたかう決意を表明していました。

全労連労働相談センター0120-378-060(0120みなはいろうぜんろうれん)。-これ全国のどこからでも近くの地域労組につながるそうですよ-

続きを読む "労働局ってそんなもん?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年10月 »