« タイムカードのコピーが大事 | トップページ | 「ひとつだけのいい方法」 »

2008年10月27日 (月)

労働基準監督署ってそんなもん?

 数日後の公休日に、労働基準監督署に行きました。年配の係官が対応しました。会社名は伏せ、事実だけを話して相談をしたのです。

係官「もちろん、営業時間外も労働時間ですよ。8時間を越えたら、時間外手当をつけないと法律違反ですね。」

私「社長は、それは認めたとしても、全体の給料を下げると言っています。」

係官「それは民事です。うちの知ったことじゃありません。」

私「じゃあ、仮に私が告発して、監督署が指導しても、給与水準が下がれば、意味ないじゃないですか。ほかのみんなに恨まれるだけで。」

係官「最悪はね。ただ、労働基準法違反でなければ、それ以上のことはうちでは関知できません。」

私「なにかいい方法はないのですか?」

係官「うーん、私に聞かれてもねえ。」

 だめだこりゃあbearing!「絶望」の二文字を抱え、私は輝く瀟洒なそのビルを、とぼとぼとあとにしました。

 そして、わらをもすがる気持ちで、携帯のダイヤルを押しました。相手先はもちろん・・・つづく

|

« タイムカードのコピーが大事 | トップページ | 「ひとつだけのいい方法」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1107563/24235929

この記事へのトラックバック一覧です: 労働基準監督署ってそんなもん?:

« タイムカードのコピーが大事 | トップページ | 「ひとつだけのいい方法」 »